フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

乗り越えられることを知っていれば乗り越えられる

どうも。

フリーランスで仕事をしていたり、独立をして事業をおこなうと、必ずと言っていいほど問題が起こります。

フリーランスや独立以外にしても、どんなところでも問題というものは必ず起こります。

そして問題や困難を目の前にしたとき心の支えにしているのが、「今はずっと続くことはない」という言葉です。

喜ばしいことも、悪いことも「ずっと永遠に続くものではない」というのは原理原則だと思っています。

はるか昔に地球に住んでいた恐竜も滅び、独裁や戦争など様々な問題が起こっては終わりを迎えてきました。

人の命にも終わりがあるし、栄えた産業にも終わりがある。

だからこそ問題があっても乗り越えられるし、悲観する必要もないということです。

 

■目次

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ずっと続くものはないことを理解する

 

問題に直面したり、難しいことがあるとずっと今が続くかもしれないと悲観的になる場合もあるかもしれません。

悲しい気持ちになっていたら、その気持ちも変わらずずっと続くように感じるかもしれません。

自信がなくなるような失敗や上手くいかないことが続いたら、もう無理かもしれないと弱気になるかもしれません。

しかし何か問題に直面していても、行動することや問題解決することを諦める必要はないと思います。人の感情や考え方であってもずっと変わらず続くものはありません。

難しい状況にあってもその状況は死ぬまで続くわけじゃない。

上手くいかないことがあっても、ずっと上手くいかないこともない。

 

一度乗り越えられたことは、何度も乗り越えられる

 

問題を乗り越えるということは、運が良かった訳でも偶然でもなく必然だと思います。

問題を乗り越えた経験があると、また問題が起こったときにも乗り越えるための方法が分かってきます。

基本的な考え方や行動に特別な何かがあるんじゃなく、やらないことのリスクを考え行動をすること。

いつか夢が叶うと願うだけでなく、いつか夢を叶えるために行動することで問題を解決する緒が見えてきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

乗り越えることで得られる力とは何か

 

問題を乗り越えることで得られるものは、問題は乗り越えられるという自分自身の納得です。

理解はできていても、体験したり経験したりしなければなかなか納得まではいきません。

何においても理解の段階で止まっていることには行動はなかなか伴いません。

しかし納得したことに関しては行動を伴います。

その理由は「できることを知っている」からです。

この「納得して知っている」ことこそが、問題を乗り越えるための大きな力です。

 

まとめ

 

問題の乗り越え方や、問題を乗り越えられると知っているか知らないかは大違いです。

ずっと続くものがないことをわかっていて乗り越え方を知っていれば、新しいことを始める時も挑戦するときも怖くもないし、寧ろさらなる成長ができると思います。

 

オススメ

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。


それが、、、

”面白いコンテンツが作れない”

ということ。

事実、ある米国の調査によると、
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

では、、、
お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

その答えは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1485766/52uBrf0t/

スポンサーリンク