読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

今までの経験を必要としている人がいる

 

どうも。

個人的にバタバタしていて、ブログの更新が途絶えてしまっていました。

この1週間色々なことがあり、経験値も増えたし色々勉強になった1週間でした。

僕が今までに経験してきたことは過去の記事を見て頂ければ分かると思いますが、過去の経験で今後あまり役に立たないと思っていたことがとても需要があり、求められることだと知った1週間でした。

僕は過去、ファーストフード店の社員から通信系販売店舗の店長、個人宅の訪問営業、フルコミ営業、WEBライターをしてきました。

この中で扱ったことのある商材についての売るためのノウハウに需要がありました。

今回は経験の活かし方と必要とされる場所の探し方について書いていきます。

 

■目次

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

経験に価値を持たせられるか、無駄にするかは考え方次第

 

今まで学校に通い勉強をして、就職活動を行い、会社に入社している方がほとんどじゃないかなと思います。

会社に入社するまでもバイトをしたり、興味のあることをたくさん経験してきているんじゃないでしょうか。

更に転職している方であれば、会社によって教育方法や仕事の進め方、戦略などの違いを身を持って体験していると思います。

こういった今までの経験は基本的に勤めている会社や、コミュニティを離れてしまうとあまり価値を持たないものだったりもします。

今していることは、他ではほとんど通用しない。

僕が体験したのはファーストフード店から通信系販売店舗に初めて転職をした時です。

それまでのノウハウや考え方、アクションの仕方は業界が変わってしまうと通用しませんでした。

しかし基本的な接客においては経験を活かすことができました。

どんな経験にも価値は元々あるけど、価値とは受け取る側がいなければ生まれないものです。

必要とされていること、誰かを幸せにできること、たくさんの人を快適にできること。

経験という価値を持っていて、求めている場所が見つかれば大きな価値を生みます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

必要とされる場所では歓迎される

 

僕が持っている経験であっても、ある人にとっては有益なのにある人にとっては無価値なものです。だけど驚くほどに必要としている人には歓迎されるんです。

自分が経験してきたことは、当たり前の日常に思えるかもしれないけどそこには大きな力があるということです。

僕はステップアップと苦手克服のために転職を繰り返し、様々な経験をすることに時間を使い一時期社会人として不適合だと思われるような時もありました。

だけど得ることがあることをたくさん経験することは、いつか自分の役に立つと思います。

学歴もないし、資格も持ってない状態であっても経験と成果があれば十分人としての価値となり得ます。

 

必要とされる場所とは一体どこにあるんだろう?ということなんですが、探す方法は大きく分けて2つあります。

 

1、情報収集(リサーチ)

2、環境を変える

 

 

情報収集とは企業や個人が求めているであろうものが何なのか、誰がどんなことを必要としているのかということです。

欲しいと言っている人や、困っている人が必要としている人ですからSNSやネット、人との会話から必要とされる場所を探すことができます。

 

環境を変えるというのはとてもシンプルです。

職場を変える、住むところを変える。

今いる場所と過ごす時間のあり方を変えることです。

今までと同じことを繰り返していても、何も変わらないというのは誰でも想像がつくと思います。

『チャンスは願っててもやってこない』というのが今31年の人生での回答です。

何も変えずに、事態がよくなることはないということです。

僕もこの2ヶ月ほど色んな場所にいって仕事をしたり、時間の過ごし方を変えています。

だからこそ必要とされることが見つかった訳です。

迷路の中にいて出口がわからないからと、一歩も歩かない人はいないはずです。

だけど必要とされる場所がない、自分の力を活かすことができないと嘆いている人はその場を動かない。

探さなくては見つからない。

動かなくては見つけることはできない。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

少し偉そうになってしまったかもしれませんが、望むものは与えられることはない。

望むことがあるなら自分から見つけに行ってるはずなんですよね。

そして探している間に気付く、自分の無力さを勉強や経験を重ねてでも探すからこそ見つけられるものだと思います。

スポンサーリンク