読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

フリーランスなら営業力が必要!?

どうも。

ブログ継続更新中です。

明日からまた営業に出かけてきます。

営業ってフリーランスにとってとても重要な部分だなとつくづく感じています。

なぜかというと仕事を受けるにも、売上を上げるにも営業力って必要だからです。

営業力って一体なんなの?ってことから、個人的な営業の考え方を書いていきます。

 

f:id:valuecreation:20170201131124j:plain

 

■目次

 

 

営業力って一体なんなの?

 

営業力は商品やサービスを販売するスキルがあるかということです。

営業は物やサービスを販売することなので、販売するための力がどれだけあるのか?ってことです。

一つ最初に伝えておきたいのは、営業に関してまだまだ誤解が多いと思うことです。

就職したらまず営業職って会社が多いと聞きますが、営業って何も知らないでできるほど簡単じゃないと思います。

アメリカでは営業職は力のある人間の仕事だと聞いたことがあります。

売上に直結し、会社のブランドにも関連性があり、顧客満足度にも大いに影響がある営業職はエリートだということです。

この感覚が日本とずれてすような気がします。

本来営業はお客様を商品やサービスで満足させられる、喜ばせるホスピタリティ溢れる仕事です。

1件1件回ってお客様を笑顔にして、商品やサービスで問題解決を提案したり、より快適な生活を提案するからこそリターンが返ってきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

営業で契約を取るのって辛くないか?

 

経験から言うと訪問販売でずっと契約0件はないです。

100件回ってダメなら10000件回れば1件は契約が取れます。

営業力がない間は確率論で売ることができます。

「買ってください」なんて言葉さえ言わなければ、件数を回ってこんなメリットがありますと伝えていれば、難しく考えなくても必ずどこかでそのメリットを求めている人に出会い契約は取れます。

「買ってください」「この商品はこうでこうで…」という説明だけの話。

この2つを言わず、「この商品があればこんないいことがありますよ」と言い続ければ売れます。

辛いと思うのはいらないものを売っているという罪悪感があるか、買ってもらっているという相手主導の考えがあるからじゃないかと思います。

営業ではいい商品しか売ってはいけないんですよ。

営業をする人間がいい商品、必要な商品、生活が良くなるサービスと思って売ってないと、営業をすることに罪悪感が出てきます。

また買ってもらっているという考え方じゃなくて、いいものを勧めていると思っていれば売れなくても「あのお客様を喜ばすには何をすれば良かったんだろう?」って考えることができます。

僕自身色々な営業マンを見てきましたが、クレームもなく感謝され売れる営業マンは「売ってやった」とか「お願いします、買ってください」なんて言ってない。

逆にクレームは多いし、キャンセルが多い営業マンほど「売ってやった」とか「こんな物よく買いますよね」と言う。

相反する考え方があって、どちらの考え方をしているかで営業力に差がつきます。

お客様が疑問に思ったり不安に思ったりすることの知識を学んでいるか、その場しのぎの適当な作り話や嘘をつくのかでも全然違うことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

フリーランスになぜ営業力が必要なのか?

 

仕事を請け負う際に「仕事ください」って言っても誰も仕事はくれません。

だからフリーランスはクライアントにとって自分がどんな役に立つのか、クライアントにとってどれだけの利益を与えることができるのかを伝えなければいけません。

だからクライアントから聞く話の中から問題を見つけ、自分が解決できるという提案と根拠を伝えければいけません。

つまり交渉したり、仕事を受注したりするときに役立たせることができます。

 

そしてもう一つが売上や収益を確保するためです。

つまり売ることです。

以前の記事に売ることと、作ることについて買いた記事があるので見てください。

 

 

freelance-blog.hateblo.jp

 

 

売ることができれば倒れることはない。

売ることができなければ倒れることになる。

だからこそフリーランスにとっても営業力は大切なスキルの一つだと思っています。

 

まとめ

 

営業力を磨くことで、より多くの人に価値を伝えることができるし、より多くの人の役に立つことができる。

言っても現実の話なので「帰れ」「消えろ」「うざい」など言われることもあります。

だけどこれ以上の素晴らしい経験や出会いがあるのも事実です。

メリットもあればデメリットもある。

だけど僕は営業のデメリットよりもメリットのほうに共感しているので、これからも営業を続けていきます。

 

 

アンケートにご協力をお願いします

docs.google.com

 

 

スポンサーリンク