読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

正しいと思い込むことはリスク

どうも。

毎日の日課であるブログを今日も更新します。

最近はフリーランスということから少し離れがちですが、個人事業主であるフリーランスの考え方として参考にしてもらえたらありがたいです。

間違うか、正解するかどっちがいい?と聞くとほぼ100%の人が正解するのがいいと答えると思います。

いつの間にか正解か間違いかの2択で物事を見るようになってしまっています。

だけどこの2択で物事を見ていると、フリーランスになってからは少し弊害が起こります。

それは怖くなることです。

ということで今回は正解を求めすぎることの弊害について書いていきたいと思います。

 

 

f:id:valuecreation:20170411164740j:plain

 

 

■目次

 

 

正解じゃないことをしたくないと思うと怖くなる

 

何をやったら上手くゴールに着くのか、何をしなかったらゴールへ間違わずに行けるのかという情報がたくさん溢れています。

ですが本質はスタートからゴールまでの道はいくらでもあるということです。

地図で目的地までの道順を決めるとき、何通りものルートを思いつくと思います。

実際用事を済ませながら目的地に着かなければいけない時間に合わせたり、知らない街だったら事前に迷うことを考えて早めに家を出たりします。

一筋も絶対に道を間違わずに行かないと間違いを犯したことになるなんて大それたことを考える人はいませんよね。

だけどこれが人生とか仕事の決断となるとまた違ってくるんです。

絶対に間違ってはいけない。正解はどれかと必死に探し回ると思います。

 

イメージは自分の頭の中に地図を持っていると思って下さい。

その地図は自分が通った道しか記すことができない地図です。

いろんな目的地は見えていますが、そこにたどり着くまでの道順は白紙の状態です。

この状態で目の前に現れてくる何十もの分かれ道を1回も間違わずに進むなんてできませんよね。

これがまさにやったことがないこと、知らないことをしている状態と同じです。

間違わずに進むことができる人は、自分が通らずとも道が地図に書かれている人。

つまり事前に知識や他の人の経験談、教育を受けているからある程度の地図が完成しています。

新入社員が「いつ昇進できますか?」と質問をすることは昇進への道が見えていない状態だからです。

昇進したことのある先輩は、自分の地図を見せて道順を示してあげますがもっと近道はないのか?と新入社員は他の人にも聞いて回ります。

だけど地図に道が描かれすぎて逆に何パターンものルートができてしまい混乱してしまいます。

そして結果、迷路のような地図の上で迷い込まないようにと一歩も動けなくなってしまいます。

自分は間違った道を一度も通りたくない、一番近い正しい道を通りたいと思いすぎて結果目的地にはたどり着けないままです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

正解だったかどうかは後の意味付け

 

未来永劫に正しいものはそうありません。

普遍のものは自然の原理に基づくものだけであって、行動において正解かどうかは全てある一定の期間だけ用いられる尺度です。

今する行動は今正解か、未来から見て正解か、過去から見て正解かに分かれます。

そして人は今現在の正解を最も求めます。

未来になったら正解だと言われること、過去だったら正解だったことに興味はありません。

今現在正しくありたいと思うものです。

だけど今正解のことは未来からみたとき間違いかもしれません。

そして正解だと思ってやってきたのになんで失敗したんだと嘆いてしまいます。

これではいつも後悔や虚しさが募ってしまいます。

だから正解か間違いかの基準よりも自分が後悔しない選択をする方がいいと思います。

結局後の意味付けでどうにでも変わる行動を後悔しないようにするべきだと思います。

 

何をしたいのか、何をするべきなのか?を考える

 

自分がしたいことをするとき、誰も傷つけない訳ではありません。

時と場合によっては誰かを傷つけることもあります。

正解だと分かって選んだことも、誰かにとっては悲しい出来事になる可能性があります。

だけど自分を押し殺していては後悔が増えていきます。

誰かのためにと思って諦めたことが実は大きな間違いだったと気付くかもしれません。

もしかしたらその誰かはそんなこと望んでいないかもしれないからです。

何をしたいのか?何をすべきなのか?を考えて選択することで一番身近にいる自分自身を悲しませることはありません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

正解が欲しい、正解がいいと型にはまってしまうと柔軟な対応ができず次へのステップが踏めなくなってしまいます。

特にフリーランスの仕事のやり方に正解も間違いもない。

ゴールは自分の持っているスキルや知識、能力を役立て稼ぐことのみです。

このゴールへの道順はいくらでもあるし、たまには道順を間違うこともあるかもしれません。

だけど皆んなが正解はこれだと言っているからといって選ぶ必要はないと思います。

自分の直感が違う道を選んでいるならそれに従ってあげることもいいんじゃないかと思います。

 

 

アンケートにご協力をお願いします

docs.google.com

スポンサーリンク