読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

目標を達成させることは必ず誰かの役に立つ

どうも。

最近は毎日ブログを書いています。

現在やっていることから、過去経験したことまで幅広く書かせてもらっています。

今日は目標を掲げるとか、目標を達成する方法じゃなくて、目標を立てて達成することは自分だけじゃなくて周りにもいい影響を与えられるっていうことを書いていきたいと思います。

つまり人に影響を与えたいとか、チームを動かしたいなんてときには一つ参考になればいいなと思っています。

 

f:id:valuecreation:20170410232555j:plain

 

 

■目次

 

目標を立てて達成させることで周りにもいい影響がある

 

自分の目標は自分のために立てるものですよね。

月何万円稼ぎたいとか、ダイエットしたいとか、仕事ができるようになりたい。

4月から新社会人の人や、大学生になった人、高校生になった人、新しい土地で生活を始めた人も多い時期なので何かしら目標を立ててるんじゃないでしょうか。

 

普通目標は達成しても達成しなくても自分にしか影響がないものだと思われがちですが、自分が目標を達成するということは何かしら自分にとって利益があるということです。

ダイエットすれば綺麗に、カッコよくなれるかもしれない。

仕事ができるようになれば昇進や昇給、認められるという重要感を味わえるかもしれない。

稼ぐようになったらお金を使って自由な生活ができるかもしれない。

 

ただ目標を達成するとは現在から未来へ自分を変化させることです。

一人の変化で世の中は変わらないかもしれません、というか変わりませんがもっと小さなものには必ず影響を与えることができます。

ダイエットをして綺麗に、カッコよくなればパートナーがいる人は喜んでくれるかもしれないし、パートナーがいない人でもダイエットしたあなたを見て恋を始め幸せになれるかもしれない。

仕事ができるようになれば会社にとっては利益になるし、同僚や部下や上司の仕事が楽になったりもっと大きなプロジェクトに手がつけられるかもしれない。

お金を稼げるようになったら、親孝行をするかもしれないし多額の寄付や消費をして経済活性化のための貢献になるかもしれない。

 

あくまで仮定の話ですが、一人の人が目標を立ててその目標を達成することは独りよがりではなくて必ず誰かの役に立ったり、誰かを幸せにしたりできる影響力があるということです。

こんな風に目標に対しての視点を一つ持っておくと、目標が達成できないなという辛い時でも心の拠り所になると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

人は自分のために何かをするよりも、誰かのためにと心から思うときに力を発揮する

 

自分のための目標ならば、自分で諦めればいいし自分が納得できればそれで構わないですよね。

だけどこのままだとずっと目標は達成できないまま、何年も過ぎてしまっているなんてこともあると思います。

こんなときこそ目標に対する視点を変えて、誰かのためになるんだから目標を必ず達成させると動機付けを変えてみることが必要です。

僕が今しているWEBライターの仕事で月20万円の売上目標を立てて行動すると、20万円を稼ぐために仕事を必死にこなし、仕事の質をあげるために勉強をする。

そうすると仕事の質が上がって、クライアントも喜び書いた記事を読む人も役に立ったり喜んだりする。

だから自分の20万円の稼ぎのためだけと思わずに行動すればとても貢献している仕事だと思います。

また営業であっても今までよりも必ず生活が豊かになる、快適になるものを提供しているんだから月何件の契約を取るという目標を達成させることは、契約数の数だけお客様に喜んでもらえたことになります。

でも途中で記事書くのもう面倒だし適当にやろうとか、営業回るの面倒だし考えるの面倒だから適当に話しようって目標を達成するために行動しないと自分がもらえる金銭だけじゃなくて、お客様の喜びも小さいし、クライアントもうんざりして仕事はこなくなります。

目標を達成するってことは小さな出来事かもしれないけどとても重要なことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

目標を立てて目標を達成することで、たった一人の小さないい影響が必ず身近にいる誰かにいい影響を与えます。

目標を立てて達成するあなたを見て、自分も頑張ろうと励まされる人もいる。

自分の中で始まって終わるだけじゃなくて、いつのまにか周囲を巻き込んでいる。

だからどんな小さな目標でもいいので、達成し続けましょう。

 

 

アンケートにご協力をお願いします

docs.google.com

 

スポンサーリンク