読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

会社員としての安定か、人生の満足かあなたならどちら選ぶ?

どうも。

またまたブログです。

少し考えさせられる相談を受けたので今日はそのことについて書いていきたいと思います。

「安定を選ぶのか、人生の満足を選ぶのか」についてです。

会社員として働いていても、仕事に対する情熱が持てないし仕事をやる気が出ない。

でも辞めたあとどうすればいいのか分からない。

再就職をするにしても、また同じ気持ちになってなんだか物足りない人生になるんじゃないか。

今会社を辞めようとしている人からの相談に対して僕なりの意見を書いていきます。

 

■目次

 

f:id:valuecreation:20170407234953j:plain

  

やりたいことを見つけたいのか、とりあえず就職するのか

 

やりたいことを見つけるっていうのは結構大変なことです。

他人のことであれば違う仕事した方がもっと伸びるのにとか、優れている部分があるのになんで自信がないんだろう?とか思ってしまいませんか。

だけど自分のことを考えるとなると、どんな仕事に向いているか、優れている部分なんてあるんだろうかって思ってしまいますよね。

僕自身も同じ経験をしています。

向いてないと言えばブログを書いたり、多くの人が見るYouTubeで喋ったり、知らない人と話さなければならない営業をしたりするのはとてもじゃないけど無理だと思ってました。僕には「人と話すことが苦手。人とうまく付き合えない。」というトラウマがあったんです。

 

やりたいことは探す努力を辞めなければいつかは色んな出来事が重なって出てきます。

こんな風に言うと分かりづらいとは思いますが、やりたいことがないと言うことは言い換えると経験したことがあるものの中では見つからないということです。

だって経験したことがあることなら、やりたいことか夢中になれるかどうかは分かると思うんです。今の自分にやりたいことがないということは、今までの経験や体験の中でやりたいことに出会ってないということです。

何かをやりたいと思うポイントは、その場に立っているだけでは見つからないと思うんです。

 

とりあえず就職するというのもありです。

なぜならやってみたら以外に自分に合っていたとか、仕事が楽しくて仕方ないということがあるからです。

会社を辞めたらやりたいことが見つかるのかと言えば見つからない可能性もあるし、会社員を続けていても見つからないのかと言えば見つかる可能性もある。

会社員として働いていても、仕事関係での出会いや新しいプロジェクト、部署の異動などで実は身近にやりたいことがある場合だってあります。

だからやりたいことがないと思っても探すことを辞めないで欲しいんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

嫌な仕事でも、好きな仕事でも人生の時間を使っていることに変わりはない

 

今の仕事から何も得るものがないとか、嫌いな仕事だからもう無理だと思っても視点を変えてみたら少し違って物事が見えることがあります。

僕も会社で平社員から管理の責任を負う立場になったときはともて嫌だったのを覚えています。

だけどずっと嫌々やっていたら部下にも分かるし、何より自分が潰れてしまっていたかもしれません。

嫌だけど仕事をするために勉強をしなければいけないことはチャンスと思ってやってみました。

嫌だというのも上手くいきっこない、失敗して怒られるのがオチだと思っていたから嫌だったんです。

勉強して管理者としてやっていくうちに、思っていた仕事と違うと気付くときがありました。

勉強していればミスも少なくなるし、上司からは頑張っていると褒められる。

少しづつ出来ることが増えていくから部下も頑張っている上司と認めてくれる。

この経験は僕にとってとてもいい発見になったんです。

「みんなが嫌がる仕事やポストにこそチャンスがある」

この考えは今で変わりません。チャンスがあります。

なぜなら皆んながなりたくもないのになってしまって、嫌々やっているからです。

 

何も得るものがないと思うのはなぜか?と言うと、得たいものが具体的に分かっていないことがあります。

例えば営業のスキルを身に付けたいから営業会社に入ったのに、誰も営業について教えてくれないし結果も出ない、やる気もなくなってきた。

もう得るものがないし会社を辞めようと思ってしまったときでも得るものはあります。

教えてくれない、結果が出なくてもお客様と会話することは毎日できる。

営業にとってはお客様の話や、お客様の顔の表情全てが今後の営業に活かせるデータそのものです。

そして毎日営業活動をしている限り、データを得ることはいくらでもできます。

嫌な仕事を3年間している人と、好きな仕事を3年間している人の両者とも人生の3年間を使っています。

3年間を嫌々我慢して頑張ったと思うよりは、3年間本当に勉強になったと思えることをすれば好きな仕事でも嫌いな仕事でも同じだと思います。

 

まとめ

 

やりたいことがあって、やりたいことのために就職をしている人はどれぐらいいるでしょうか。

もしやりたいことがなくて就職したりしていても、何も焦る必要はないんじゃないかと思います。

探すことを辞めなければいつか目の前に現れると思いますし、体験や経験を積極的に行っていけば出会えるものだと思います。

再就職するにも嫌々過ごした時間で得たものがなければ、再就職は難しいかもしれません。

体験や経験値を積んで自分というものを育てていけばあまり深く考える必要もないことだと思います。

 

アンケートにご協力をお願いします

docs.google.com

 

 

 

 

 

スポンサーリンク