読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

WEBライターを副業として始めてみよう。始めるために何から始めればいいのか。

 

WEBライターを副業として始めたいと思っている方や、この記事を見てWEBライターという副業を知った方に始めるために何から始めればいいのか?について書いていきます。

WEBライターって聞くとなんだか難しそうとか、よく分からないと思われがちですがとてもシンプルなものなので是非読みすすめて下さい。

 

■目次

 

f:id:valuecreation:20170328205201j:plain

引用元:無料素材 写真AC

 

WEBライターを副業として始めるための第一歩とは? 

 

WEBライターを副業として始めるためには、仕事を依頼したい人と仕事を受けて収入を得たい人を仲介してくれるクラウドソーシングに登録しないと仕事はできません。

仕事をまだ始めるのに抵抗があるなという人はクラウドソーシングの中にどんな仕事があるのか見てみるだけでもいいと思います。

 

僕がWEBライターとして仕事をしているクラウドソーシングのサービスはクラウドワークスというサービスです。

 

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

crowdworks.jp

 

このサイトにアクセスするだけで、どんな仕事内容の仕事があるか誰でも確認することができます。経験不問の仕事やコンペ、タスクといった仕事が沢山あります。

まずWEBライターを始める前にあなたができそうだなぁと思える仕事や、やってみたいなという仕事があるか確認してみるといいと思います。

無理に始めることだけは避けるようにして下さいね。

 

できそうな仕事や、やってみたい仕事が見つかったらWEBライターとしてクラウドソーシングサービスに登録をしましょう。

登録すると実際にWEBライターとして仕事を受注したり、できそうな仕事ややってみたい仕事に応募することができます。

 

今までブログなどある程度の長文を書いたことがない人はタスクから始めてみる

 

できそうな仕事ややってみたい仕事をするのが一番いいかもしれませんが、今までブログを書いたことがない人や、ソーシャルネットワークもやっていないという人にはタスクという仕事がおすすめです。

 

その理由は作業をするために情報を調べたりする必要がないものが多いからです。 

タスクは始めやすく、記事が書けなくても始められるので単価は低くなっていますが報酬を得るには経験も知識も必要ありません。

またクラウドソーシングでは仕事をした件数や内容が、全て自分のプロフィール画面に実績として残っていくので仕事を発注するクライアントに仕事を沢山こなしているという実績をアピールできます。

ただタスクだけをやっていると単価が安く、副業として月には数千円いけばいいほうです。

タスクをやりながら記事の作成に移っていくと、報酬は得られるし記事の作成が始まれば単価も上がっていくので副業として月に1万円~3万円程度稼ぐことができるようになると思います。

副業を始めても途中でやめてしまう一番の原因は、やっても報酬が得られないモチベーションのダウンだと思います。

記事作成もできそうなジャンルや内容のものがあれば、躊躇わずに募集に応募してみましょう。

 

タスクから始めたほうがいい理由

 

・長文を作成する必要がないこと

(通常記事の作成などは約800文字~3,000文字が多い)

 

・単価は安いけど確実に収入になる仕事が多い

(単価は¥1~¥200円程度が多い)

 

・作業内容がアンケートに答える、体験談を書くなど時間がかからない

 

 

 

記事作成の単価や仕事の受注方法は? 

 

記事作成は単価が上がり¥800~¥3,000の仕事が多くあります。

ここで一つ注意しなければいけないのが、募集に応募すれば仕事が必ずしもできる訳じゃないということです。

応募するとほとんどのクライアントは、テスト記事といって仕事を依頼するためにWEBライターの文章力を確認する方法をとっています。

このテスト記事は決められた内容で文字数を指定されて書く場合と、今まで書いた記事を送る場合などがあります。

 

始めて記事作成に応募する場合は、クライアントからテーマと記事の文字数が指定されるので内容に沿って文章を作成しクライアントに提出します。

クライアントがテスト記事を確認し仕事を依頼したい場合に記事作成の仕事がスタートします。

頑張って書いたテスト記事は、書いてクライアントに提出すると記事作成の仕事を引き続き依頼されるかされないかに関わらず報酬がもらえる場合と、テスト記事に対しては報酬がなしの場合の両方があります。

 

WEBライターとしての仕事がないんじゃないかと不安な人へ

 

WEBライターを副業としてやっていく中で、仕事は本当に継続的にあるの?ずっと記事作成やタスクなど自分にできる仕事があるのか?ということが不安に感じる人もいると思います。

先ほど紹介したクラウドワークスを例にすると、常時約5,000件以上の仕事があり毎日のように新しい仕事が追加されています。

仕事を依頼する人は個人や企業などインターネット上でサイトを運営している方です。

 

日本人の約8割以上がインターネットを使用してる今、インターネット上で商品の販売をしたり、有益な情報を載せ訪問者を集め広告収入を得るサイトは拡大傾向にあり、個人や企業単位で記事を作成していてはサイトの拡大に遅れが出るし、有益な情報を多く載せるためには時間がかかるために、WEBライターという仕事に需要が生まれました。

 

またサイトはGoogle内の検索エンジンに表示されやすくするために、常にサイトの中の記事を更新・追加し訪問者にとって有益な情報を載せていないといけないので記事を作成するWEBライターの仕事は当面の間なくなることはありません。

 

個人的な意見として、WEBライターをやりながら考えたり勉強したりする

 

WEBライターとして副業をはじめるとき準備をすることは大切です。

記事の書き方、構成の仕方、タイトルの決め方など仕事をしていく上では重要ですがあまり準備に時間をかけすぎると「まだまだ準備が足りない」と記事作成の仕事に申し込むことに躊躇してしまったり、準備段階で諦めたり冷めてしまったりするかもしれません。

 

だから僕の個人的な意見として副業として報酬を得るために、まずはやってみてやりながら考えるのも一つだと思います。

記事作成の仕事であれば、クライアントから直接アドバイスをもらえることもありますし、提出した記事がもしクライアントの求めている内容に達していなければ修正を求められるのでその都度考えて修正をしていけばいいと思います。

間違っても「プロのようにしっかり文章を書けるようになってから」という心構えだけはよくないかと思います。

どれだけ素晴らしい能力があっても、プロになるには実績が必要だからです。

実績のないプロは存在しません。

 

一般的のバイトや会社の仕事は、みんな最初は未経験や知識のない状態で始めています。

WEBライターという仕事も同じだと思います。

僕自身、知識も実績も能力もない状態から始めているので言えることだと思います。

 

具体的なクラウドワークスの登録方法はこちらの方の動画を参照

 

ここまでの内容を読んで、WEBリターとして副業を始めようと思った方は次にクラウドソーシングへの登録方法が分からないという場合があると思います。

何を入力しなければいけないのか?WEBライターの登録方法ってどうすればいいのか?想像がつかないと思います。

 

そんなあなたにはこちらの水原咲さんの動画をおすすめします。

水原咲さんはクラウドワークスでプロと認定されているWEBライターです。

さらに水原咲さんが書いた商品紹介の記事は、読んだ人にとても評判が良くアフィリエイターの方も記事作成を依頼している方です。

 

クラウドワークスのプロ認定を受けた方がWEBライターとしての登録方法を紹介しているので、登録方法知りたいという方は是非ご覧ください。

 

 


引用元:クラウドワークスの登録方法

 

WEBライターについて文章の書き方を学ぶなら水原咲さんがいい!

 

僕の場合、文章が上手いか下手かの評価は置いておいてブログを書いた経験はありました。

文章の構成や話の流れなど無茶苦茶な状態でしたが、数千文字の文章を書いた経験はありました。もしあなたがブログも書いたことがない場合は少し勉強してから始めてみるのもいいと思います。

 

WEBライターとしての知識や文章作成の方法などについてはラウドワークスからプロ認定を受けている水原咲さんから学ぶことをおすすめします。

ライターとしての実務の経験もあり、クラウドワークスでも沢山の仕事をこなしているプロです。

主婦をしながらWEBライターとして活動されている方で、WEBライターとして文章の能力をつけ、毎月副業として報酬を得て、クライアントに評価される文章の書き方までの全てを”水原咲のライティング講座”という講座で主婦の方を中心に教えられています。

 

動画で文章の書き方を見て勉強したり、PDFで文章作成のポイントのおさらいをしたり、とても分かりやすい内容です。

内容が気になった方はこちらから講座の内容を是非見てくださいね。

 

水原咲のライティング講座 

  

WEBライターとして最初の一歩を踏み出しましょう!

 

今回はWEBライターとして副業を始めるという内容で記事を書いてみました。

まだまだWEBライターという仕事に対しての認知度も低いですし、知らない方も多いですがこの記事を読んで始めてみようと思ってもらえたら幸いです。

お金もかからず、自宅でできるWEBライターを是非始めてみてくださいね。

スポンサーリンク