読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスという働き方

会社員を辞めフリーランスという働き方を選びました。

スポンサーリンク

WEBライターって仕事は何をするの?WEBライターの求人はどこで探すの?

WEBライター フリーランスの仕事

 

 

 

 

WEBライターの求人はどうやって探すの?

 

WEBライターは仕事はどこで探して見つけてくるのか。

基本的にはランサーズクラウドワークスといった

フリーランスの方が利用できる

クラウドソーシングの会社に登録し

その中から仕事を探して応募したり

またはオファーを受けて記事の作成の仕事をします。

 

今までブログなどに文書を書いたことがない場合や

WEBライターとして仕事したことがない人にとって

最初は自分にとっても実績がないので

WEBライターの求人が見つかるクラウドソーシングに登録した方が

比較的仕事が見つけやすいです。

 

自分のプロフィールに今までの経歴や趣味や

経験したことのあること、持っている知識などを載せておくと

クライアントからのオファーが来やすくなります。

 

仕事のオファーを受けられるように宣伝する

 

WEBライターとして仕事をしていく上で

クラウドソーシングの中だけでも仕事はありますが

システム手数料を取られたり

1件あたりの仕事の単価が低いことが多いです。

 

WEBライターの仕事にも慣れてきたら

1件あたりの仕事の単価をあげられるように

クラウドソーシングを介さないで

クライアントと自分との間で契約をすることをお勧めします。

そのためには個人でブログやTwitterなどを使って

宣伝していく必要があります。

 

個人で宣伝をしていくとは

自分の持っている発信媒体で宣伝する。

つまりSNSやブログを使って仕事を募集する方法です。

 

デザインをされている方であれば

自分のブログで作品を紹介して

「¥〇〇で案件を引き受けます」といった具合です。

 

もちろんWEBライターの方でも

自分のブログで「こんな記事書けますので、コンテンツの量と単価についてはご相談下さい」

といった具合で仕事の宣伝をしていくことができます。

 

とはいえ、SNSにアクセスがあり沢山の人に見てもらえないと

仕事を依頼したい人にピンポイントでは出会えません。

 

最初はランサーズやクラウドワークスといった

クラウドソーシングの会社に登録して実績を積み

その実績を元に個人で請け負っていくのもいいと思います。

 

最初は仕事を依頼したい人と、仕事を受けたい人が集まる

クラウドソーシングで仕事をするのが

一番確実だと言えます。

 

 

文書を書くことで報酬がもらえる

 

文章を書くといってもタスク形式や

記事作成の形式などがあります。

そして色んな仕事で出てくるのが

文字数です。

 

100文字以上とか、1000文字以上とか

仕事の内容によって記事の文字数指定があります。

 

この文字数をしっかりと超えて文章を作成し

クライアントへ送らなければいけません。

 

例えば、恋愛の経験談を1000文字以上の記事で書いて

ファイルを送ったら¥300とかです。

単発の1案件だけの仕事もあれば

継続して1週間に1000文字で3記事書いて〇〇円といった仕事もあります。

 

文書を多く打つことになるので、個人的にはスマホだけで文章作成するのは

少し厳しい部分があると思いますが、100文字で¥50など

色んな案件があります。

 

例えば…

 

・アニメに詳しい

スマホゲームに詳しい

・化粧品に詳しい

・ダイエットをしたことがある

・婚活をして結婚した

 

などなど。

 

今の自分の経験や知識を記事にすることで

お金に変える体験ができます。

 

文章の質や文字数、そして読みやすさなど

仕事の成果次第ではクライアントと

次の仕事の単価交渉をしていくことができます。

 

自分のペースで仕事ができる

 

クラウドソーシングは時間が自由で

出勤など外出することがなく作業場所も自由です。

 

だからこそ自分の空いた時間や

集中できる時間にまとめて行うこともできます。

 

いくら自由といってもあくまでも仕事を受けているので

作成した記事を「何月何日までに納品」といったように

納期というものが定められています。

 

納期は確実に守るべきです。

 

対面をせずに仕事を請け負うので

対面して仕事の契約をするのと比べ信頼関係が成り立ちにくいもの。

 

対面をしていないからこそ

約束を守る、納期を守るなど

信頼関係には十分気を遣わなければなりません。

 

WEBライターとしての信頼を得る

僕自身は最初の記事作成の仕事で

納期よりも4日ほど早く納品し

単価もすぐに1記事あたり¥200アップしてもらえました。

 

納期よりも早く納品できると

それだけ「仕事が早い」という印象がクライアントに残るので

それ以降の仕事も継続して依頼をしてもらえたり

単価のアップもしてもらえます。

 

 

 必要とされるWEBライターという仕事

 

なぜ?WEBライターという仕事が成り立つのか。

なぜ?WEBライターという仕事が必要なのか。

 

今までは記事やサイトのコンテンツと言えば

雑誌や本や新聞など出版社の記者や編集者が作成・編集をおこない

世の中へ提供してきました。

 

ある程度の文章スキルを持ち

会社の書類選考、面接を通り就職しなければ

”ライター”という仕事にはなれませんでした。

 

しかしインターネットの普及とネットメディアの急激な成長で

情報は雑誌や本や新聞からだけではなく

ネット上にある記事やコンテンツから得ています。

 

記事やコンテンツを作成するためにWEBライターが必要なんですね。

 

 

フリーランス 仕事 内容”

 

僕らはこんな風にGoogleで検索して

表示されたサイトの記事を読み情報や知識を得ていきます。

 

このサイトに書かれている記事こそ

WEBライターが作成する仕事です。

 

サイトの記事は雑誌や新聞や本のように

どれだけ記事数が多くなっても

かさばらないし、むしろどんどん増やせます。

 

 

常に新しい記事やコンテンツを作成していくので

人手が足りないという状態に陥ってしまいます。

 

また個人でサイトを運営する方も増えいるので

全ての記事を個人で書いていては

時間がどれだけあっても足りないんですね。

 

だからこそクラウドソーシングを使い

外注という形でWEBライターに記事作成の依頼をするわけです。

 

これからどんどん増えるサイトの記事や

サイト記事の編集をするために

WEBライターは必要とされています。

 

そしてこのWEBライターは誰でもなれるということです。

文章を書くのが苦手な方でも日記風の記事作成の仕事をこなしながら

実績を積んでいけます。

 

WEBライターに興味を持ってもらえたら是非登録して見て下さいね。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

クラウドワークス

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク