読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスという働き方

会社員を辞めフリーランスという働き方を選びました。

スポンサーリンク

フリーランスの仕事の質を上げていく方法②

WEBライター フリーランスの仕事

 

前回の記事でフリーランスが仕事の質を上げていくのに

必要な2つを説明させて頂きました。

 

 

前回記事の内容

 

1、記事の中の情報の整理ができるようになる

2、有益な情報を提供できる

 

freelance-blog.hateblo.jp

 

 

”伝えたい内容に必要な情報を選び、自分がなぜ?と疑問に思う部分を

調べて伝えることによって有益な情報を伝えることができる”

 

という話をさせて頂きました。

今回は残りの2つを説明していきます。

 

f:id:valuecreation:20170205004101j:plain

 引用元:無料写真素材 写真AC

 

 

 

 

3、読み手が理解しやすい文章を書く

 

①理解しやすい文章とは相手に合った言葉選び

 

どんな文章が理解しやすい文章かというと

文章を読んで内容がイメージしやすいものだと思います。

あなたが伝えたい人がイメージできる内容かどうかが鍵です。

 

例えば『WEBライターとは』というテーマを説明するときに

相手によって伝える言葉を選ぶ必要があるということです。

 

 

例)子供を持つ主婦の人に伝えたいとき

 

WEBライターとは、自宅で家事をしたり

お子様の面倒を見ながらでもできる仕事です。

 

今お仕事を探している方はパートをしようと思うと

1日3時間勤務~というのが一般的ですよね。

仕事前の準備や通勤時間を合わせると4~5時間も

パートのために時間を取られてしまいます。

 

しかしWEBライターは昼食後や、買い物から帰ってきて

晩御飯の用意をするまでの1~2時間を利用して

美容やダイエット、子育てに関する経験談を文章にする仕事です。

 

パソコン、またはスマホを使い文章を作成して

メールで送信したりサイトにそのまま書き込んで終了です。

 

どれぐらいの報酬かというと1記事あたり1,000文字~2,000文字で

金額は¥500~1,000が平均的に多いです。

 

自宅で家事やお子様の面倒を見ながらパートに行けなくても

月に換算すると約¥15,000~¥30,000の収入が見込めます。

 

 

例)今後就職をする大学生に伝えたいとき

 

WEBライターとは、ブログやTwitterに文章を書くように

指定されたテーマや指定された体験談を文章にする仕事です。

 

就職サイトにある体験談のように実際に体験した内容を文章にして

クライアントに納品することで報酬がもらえます。

 

バイトをしている人はそんな時間がないと思うかもしれませんが

通学やバイトに向かう電車やバスの中の時間を有効に使って仕事ができます。

 

スマホアプリのメモなどに文章を作成し

文章ができたらクライアントにメールで送信したり

サイトにそのままメモの内容をコピペして仕事が完了します。

 

バイトの体験談や恋愛の体験談といったテーマの記事作成もあって

大学生の今だからこそ書ける記事が沢山あります。

 

このWEBライターの仕事をすることによって

就職後に会社内のコンテンツを作る際の文章能力や

報告書作成やお客様への提案書など様々なところで

上司やお客様にとって分かりやすく

理解しやすい文章を書く力が身につきます。

 

更に書けば書くほど収入は増えますし

1週間に2~3記事程度作成するのであれば

月に約¥4,000~¥6,000も稼げることになります。

 

 

この2つの例えのように伝える相手によって

選ぶ言葉が変わってきます。

 

 

②簡潔に(要点を押さえて簡単な内容)文章を書くこと

 

簡潔とは要点を押さえて無駄な文章を省くことです。

上記の二つの例はイメージし易くするための文章も入れているため

長い文章になっています。

 

では2つの例を簡潔にまとめてみます。

 

 

例)子供を持つ主婦の人への簡潔な文章

 

WEBライターとは自宅で空いた時間を利用してできる仕事です。

 

パソコン、またはスマホを使い文章を作成して

メールで送信したりサイトにそのまま書き込んで終了です。

 

仕事の内容には美容やダイエット、子育てに関する経験談があります。

毎日1記事づつ作成することができれば

月に換算すると約¥15,000~¥30,000の収入が見込めます。

 

*要点*

  • 自宅でできる
  • 空いた時間でできる
  • パソコン、スマホどちらでもできる
  • 仕事の内容
  • おおよその収入

 

 

次に大学生に向けた例を簡潔に要点をまとめてみます。

 

 

例)今後就職をする大学生への簡潔な文章

 

WEBライターとはブログの記事を書くイメージに近い仕事です。

 

どんな記事を書く仕事があるかというと

 

  • 就職サイトにある体験談
  • バイトの体験談
  • 恋愛の体験談
  • 音楽やテレビ番組の感想など

 

スマホに直接文字を入力して文章を作成して

クライアントに納品すれば完了。

 

要点を押さえた文章を書く練習ができるので

就職時活動時のレジュメを作成するときにも役立ちます。

 

1週間に2~3記事程度作成すれば

月に約¥4,000~¥6,000の収入もあります。

 

*要点*

 

  • 仕事内容
  • スマホだけでできる
  • WEBライターの経験が役立つ
  • おおよその収入

 

 

簡潔にすれば要点を押さえて伝えることができますが

実際に文章を読んで主婦の人や大学生が

このWEBライターという仕事をイメージし易いかどうかというと

更に情報が必要になるので他のサイトや

他の記事で情報を補う必要があると思います。

 

 

4、オリジナルの文章が書ける

 

オリジナルな文章には他にない価値がある

 

WEBライターにとっての個性とも言える

オリジナルの文章作成について説明していきます。

 

オリジナルの文章とはコピペではなく

また他のサイトの文章と同じではないということです。

 

しかし何かを説明するときに文章が被ってしまうこともあります。

同じものを皆んなが同じ要点で説明すると

一般的な文章になってしまい、似てしまうのは当然です。

 

しかし文章とは個人の今までの体験によって

選ぶ言葉や伝えたい内容が違うはずです。

 

伝える情報は同じでも、伝える側の情報の見え方や

伝え方によって、オリジナルな文章が書けるはずです。

 

 

考え方や見え方を織り交ぜると独自のコンテンツになる

 

フリーランスについての情報を記事にする場合

どんな内容が多いかを下記に挙げてみます。

 

 

この内容の多くはフリーランスフリーランスとして捉えている場合の情報です。

 

 

確かにコンテンツを作る際には正確な情報が必要ですが

その正確な情報だけを伝えるのにオリジナルの文章を書き続けるのは

なかなか難しいんじゃないでしょうか。

 

フリーランス”という言葉をGoogleで検索をしただけで

約1,280万件の検索結果が出てきます。

これからもどんどん増え続けるインターネット上のコンテンツの中で

正確な情報を伝えるために記事を書き続けるのは難しい。

 

オリジナルの文章を書くために必要な要素は

 

情報 + あなたがどう感じているか

 

情報に対して自分の感じたことや、思いを付け加えるんです。

”今後の社会は本当にフリーランスが主体になる”と思っているのであれば

その目線で情報を記事にする。

フリーランスはまだ生活するだけの収益は出ない仕事”と思っているのであれば

その目線で情報を記事にする。

 

どんな考えを持ってコンテンツを作成しているか

 

僕の場合、フリーランスという仕事に対しての考え方は

自己成長であり今後必要なものを学べることです。

 

今後必要とされるのは情報を探したり覚えたりすることじゃなく

得た情報をどう生かせるかが必要とされ

自分自身で考える力を持っているかどうかだと思っています。

 

そしてこの考えに則ってコンテンツを作っています。

 

 

まとめ

 

フリーランスのWEBライターとして仕事の質を上げる方法は

 

  • 必要な情報を集める
  • 情報の取捨選択をする
  • 何を伝えるコンテンツにするか決める
  • 有益な情報を伝えるために情報の深堀をする
  • 相手にあった理解しやすい言葉選び
  • 簡潔に要点を押さえて伝える
  • 増え続けるコンテンツの中でオリジナルを作る

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク