フリーランスの働き方

会社員を辞め、自宅で仕事ができるフリーランスになりました。

スポンサーリンク

フリーランスは情報を受ける側から発信する側になる必要がある

どうも。

フリーランスとして生きていくには情報発信が必要だと聞いたことがあるかもしれません。

だけど情報発信っていったい何をすればいいんだろう?と疑問に感じている人もいると思います。

特別なことを情報発信しなくてもいいのか?情報発信がなぜ必要でどうすればいいのか?

今回はフリーランスにとっての情報発信がもたらす恩恵と何をすればいいのか?の“何”の部分について書いていきたいと思います。

 

■目次

 

 

 

情報発信が必要な理由

 

フリーランスの情報発信とは情報をYouTubeFacebookTwitterやブログを使ってインターネットにアップすることです。

今までは新聞広告やテレビやラジオなどのメディアなどでしかできなかったことが、インターネットの登場で個人でも簡単にできるようになりました。

フリーランスと生きていくには商売をするわけですが、商売に必要なことは認知してもらうこととサービスや商品の魅力を伝えること、そして商品やサービスに興味を持っていたり購入を考えている人に情報を届けることです。

情報を必要としている人や、興味がある人に届けることやまだ知らない人の目に触れることが目的です。

だからこそ広告というものがビジネスとして成り立ちます。

人がたくさん集まる場所を用意して、そこに広告を出すことで認知、伝えることが容易だからです。

YouTubeやブログや様々なSNSでは沢山の人の目につくようにシェアされるような内容の情報を発信したり、継続して発信していくことで単純接触の回数が増え興味を持ってもらえるかもしれません。

また検索エンジンGoogle検索など)の上位表示をさせるために、サイトの記事の内容をブログのテーマに沿うものにして興味をもってもらえそうな内容にするのは、検索エンジンというとても多くの人が利用する場所で目につくようにするための一つの方法です。

つまりフリーランスとして生きていくための看板をいつも多くの人の目につく場所に掲載することで、顧客を見つけること興味を持ってもらうことが最大の目的です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

情報発信って何をするのか?

 

情報発信とは具体的に何をするのかというと、商品やサービスを販売しているのであれば商品やサービスの詳細やメリットやデメリット、他の類似商品やサービスとの比較、価格などの情報や、なぜ商品やサービスを取り扱い始めたかのストーリーを記事にすることも効果的です。

または商品の製造方法やサービスの向上のために行っていることなど、商品やサービスに興味を持っている人が知って面白いものやためになる情報を様々な媒体で発信することです。

YouTubeFacebookTwitterSNSですがそれぞれ利用しているユーザー層も違えば伝え方も違ってくるのでその場にいる人にあった内容の情報を発信することです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

情報発信をすることで手に入れることができるもの

 

情報発信をすることで沢山のことを手に入れることができます。

情報発信している自分のブランド向上や、新しい顧客の獲得、そして仕事の人脈やスカウトなどの仕事の受注です。

これからの時代は情報を発信していかなければ、存在していないのと同じように誰の目にもつくことなく興味も持たれなくなります。

1日に何人もの人と直接話し情報を伝えるのには大変な労力が必要なので、インターネットで発信するようになってきたわけです。

また情報を発信し続けることで過去の情報やノウハウは全て積み重なり、とても大きな媒体が出来上がります。

大きな媒体であれば検索エンジンに集まる人が検索したときに見つけやすくなります。

 

まとめ

 

情報発信はフリーランスの生き方においてなくてはならないものです。

知ってもらい、興味をもってもらうため行うことです。

だからこそ沢山の情報が必要だし、オリジナルな情報にカスタマイズして発信する必要があります。

フリーランスとは基本一人で仕事をしているので、こういった情報発信で広告費を抑え顧客獲得につなげていかなくてはなりません。

スポンサーリンク